結膜浮腫

定義

瞼の内側と目の表面を覆っている膜が腫れること

考慮すべきこと

目の表面の膜に液体が溜まると、膜が腫れます。多くの場合、この症状はアレルギー性反応と関係があります。

一般的原因

- 血管性浮腫
- アレルギー性反応

注: 上記以外の原因で結膜浮腫が起こることも考えられます。上記のリストは、考えられる原因をすべて網羅しているものではありませんし、また、原因として多いものから順に並んでいるわけでもありません。一部の病気や薬剤が、まれにこの症状の原因となることもあります。また、患者の年齢や性別、および症状の現れ方(場所、性状、経過、悪化要因、緩和要因、そのほかに現れている症状など)によっては、異なる原因が考えられることもあります。「症状分析」機能を使って、単独の原因で結膜浮腫が起きたのか、または他の病気に関連して起きたのか、症状の診断を詳しく行ってみてください。

家庭での治療

血管性浮腫またはアレルギーを治療するには、市販の抗ヒスタミン薬類を使ってみてください。冷たいタオルをたたんで目に当てると、結膜浮腫による目の不快感をいくらか和らげることができます。

医師に相談

-家庭での治療によって症状が良くならない場合
- 他の症状がある場合(特に症状がアレルギーまたは血管性浮腫によるものではない場合)。呼吸が困難になったり卒倒したりする場合は重症なので、すぐに医師の治療を受ける必要があります。

診察室での処理

問診および診察が行われます。

症状について以下のような質問をされる可能性があります:
- 経過
- いつ発症しましたか?
- 持続期間は?
- 発症のパターンはありますか?
- 性状
-症状はどのくらい悪いですか?
-どのような症状ですか?
- 目はどのくらい腫れていますか?
-悪化要因
- 症状を悪化させるものは何ですか?
- 緩和要因
- 症状を和らげるものは何ですか?
- その他
- 他にどのような症状がありますか?特に、呼吸困難になったり、錯乱したり、昏睡状態になったり(緊急症状)しますか?

診察では、目を重点的に検査します。

診察の後で:
結膜浮腫に関する診断を、自分の病歴に追加できます。「医療記録」機能を参照してください。